読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四阿の静謐 -castitatis lilium-

台湾の台北在住。台湾企業に勤める会社員。日々の記録。

はっとさせられた言葉

台湾に移住してきたのが、2010年の8月。今年の8月で丸7年台湾にいることになる。
今の会社ももう6年目、中国語の家庭教師のレッスンももう4年以上やっている計算になる。
もうそんなに経ったのか、というのが正直な感想。
この長い長い時間の間に、私はどれくらい前に進めたのだろう?

前々から文字だけの日記サイトに細々と日記を書いてきた。
そこは閉ざされた空間で、それが居心地がよかったからこそ、そこに言葉を綴ることを選んだのだけど、何となくもう少し外の人と交流したいという気持ちがじんわりと起こってきた。何年かに一回自分の中で起こる、外向きの力だ。

今の生活に感じる閉塞感が尋常じゃなく、ただしそれはほとんどが仕事に対するものなんだけれども、だからなのか、『何故私はここにいてこんなことをしているのか』という煩悶に毎日苦しみ、『違う世界に行きたい』という願望が日増しに募っている状態だ。

だから、一番手軽に違う世界に飛び込める方法ーブログ、という安直な思考の結果なのかもしれない。

安直で何が悪い。くそったれ。

……いやいや、汚い言葉を書きたいわけじゃない。
ただ、今日たまたまその日記サイトで、アニメ『終物語』の有名な台詞を知って、頭をガツンとやられたことが原因のひとつではないか、と思う。
あまりにも核心を突きすぎていて、200%腑に落ちた。

不幸や不遇に甘んじていることを『頑張ってる』と思っちゃってるんじゃないの
「そういうのを世間では『何もしていない』っていうんだよ」
「不幸なくらいで許されると思うな。ハッピーエンドを目指すんだ」
不幸でいつづけることは怠慢だし、しあわせになろうとしないことは卑怯だよ

太字は、特に胸を突かれた部分だ。

仰るとおり。私は自分の不遇に甘んじ続けている。

幸せになれないことを、自分の能力の無さ、お金の無さ、人望の無さ、頭の悪さ、スタイルの悪さ、性格の悪さ……ありとあらゆる「なれない」理由をこれでもかと並べ立てて、だから自分はダメなんだ、他の人のように幸せになれないんだと言い続けている。

そのままじゃまずいんだ、それは自分が望んでいることではないんだ、と分かっていながら、放置し続けている。

まずいと分かっていながら、改善のための行動を何一つしない。
これを怠慢と呼ばずしてなんと呼ぶ?
これを卑怯と呼ばずしてなんと呼ぶ?

なんでもいいから、行動しなくちゃ、何も変わんない。

【そう言うのか!中国語002】「性騷擾」(セクハラ)

今日はこれ。

「性騷擾」

「セクハラ」

 

どこで見た?聞いた?どんな流れで使ってた?

毎朝購読しているMRTの無料新聞「Upaper」から。まあおなじみの単語ですね。

台湾の労働部(厚生労働省みたいなもの?)のネット調査で、バイトで困ったことベスト10を調査したら、1位がセクハラだったという。バイト上のトラブルでセクハラが1位になるって……台湾大丈夫なのか。日本もそうなの?

 

使い方の例

根據調查,排名第1的是職場性騷擾,其實案例很多,但因為加害者的脅迫、受害者的隱忍,所以沒有爆發出來。職場性騷擾不僅肢體上,只要語言上讓人感到不舒服、猥褻,就算是性騷擾。

セクハラの内容について詳しく書かれています。

肢體上」身体上の、という意味ですね。肢體ㄓ ㄊㄧˇは「身体、からだ」です。

語言上讓人感到不舒服」言葉の上で不快にさせる、です。「不舒服」は実際にげええと身体の状態が悪くなった時も、不快な思いや気持ちになった時も、両方使えます。

諦念

くまモンのイベントを諦めた。哀しい。

行けるんですよ、ちょっと手続きが面倒だけど仕事も休めるんです、休もうと思えば。でもそうしなかった…何だかうまく言えないけど、しなくてもいいかなって、その思いの方が勝ったような気がした。

それが私が本当に望んでいることのような気がした。うまく言えないんだけれど。それを信じられないことの方が、つらい。

明けてますよ。

久しぶりにはてなブログを除いたら色々編集機能がグレードアップしてて驚いた。
ネットの世界は決してとどまらないんだね。常に変化しているんだね。それについて言っている人たちはだから輝いて見えるのかな。

台湾は旧正月も明け、新しい年が始まってそろそろ一週間ちょっとです。
とは言っても個人的にやることは何の変わりもなく、去年と同じように毎日パソコンの前に座ってぱちぱちやってるだけです。

ここ数年は、以前なら達成感を感じていた大量の細かい仕事を仕上げることにも何も感じなくなり、却って『自分これだけ生きてきてこういう仕事しかできひんのかあーやばいなーあかんなーホンマこれからマジでキツイで』という自虐的見方が大勢を占めるようになりました。

何か変えなければ、何か始めなければ、材料も目標もそれなりに目の前に転がっているのに、一歩が踏み出せない。
そのままずるする歳を重ねている自分が、薄っぺらくてちっぽけで、蔑みの対象にしかなりません。

 

旧正月に帰省したらがっつり太ってしまい、また運動への意欲もなくしてしまいました。

ジーンズからはみ出たぶくぶくの腹を掴みつつも、動く気になれない……せっかく室内運動用のスニーカーを持って帰ってきたというのに。

これもさっき言った『一歩が踏み出せない』と同じことだと思うんですよね。
たぶん、Youtubeでエアロビ動画をかけて動き始めてしまえば、それなりに楽しく運動できると思うんですよ。

ただ、そこに行くまでがとてつもなく面倒くさいんだね、これがね。

 

最近また『女性として扱って欲しい病』がひどくなってきて、壁ドン動画やときめきキス動画や、ありとあらゆるあま~いシチュエーションを片っ端から舐めるように観ています。
それで心癒されてます。

だって実際自分の身の上には起こりえないことばかりだもんね。

生まれが違えばまたそんな経験をできることもあったのでしょうが、今のわたしには夢のまた夢のまた夢のまた以下略。

せいぜいそういう動画や漫画や小説や口コミを見て、ひとりベッドの上で悶えるのが精一杯の幸せです。

次に生まれてくるときには、人間であって、綺麗でスタイルよく生まれつきたい。叶わぬ願いと知ってはいるが。

 

なんかこういう文章書くセンスが戻ってきたのかな。ちょっと嬉しい。

10月の台北はもう結構寒い。

台北はここ数日ですっかり寒くなってきました。いよいよ本格的な秋到来でしょうか。

といっても、台北の秋は本当に一週間あるかないかで終わってしまうのが通例で、あっという間にすぐ本格的に寒くなります。薄手のアウターの出番なんてないに等しいです。あと二三日もすればダウンジャケットの出番となるでしょう。

今のこの『寒くなってきたけどまだ寒さ本番ではない』という季節における街角の人々の服装は、季節感が入り交じっていて見ていて面白いです。夏をまだ引きずったままの半袖半ズボンの人が歩いているかと思えば、もう既にダウンを着込んでいる冬装束の人もいます。人によって体感温度が違うのかもしれないですね。

でも冬でも足元だけはビーチサンダルという人も多いです。謎。

 

オフィスは既に冬仕様

とはいえ、オフィスは今もガンガンに冷房が効いているので、外にいる時より防寒対策をしないと本気で風邪をひきます。私の会社では、ダウンジャケットを着たり、マフラーを巻いたりして仕事をしている人が結構います。

かく言う私も、ユニクロのフリースを着込んで、分厚いひざ掛けを使い、寒さと闘いながら仕事をしています。うちの会社は服装規定が緩いので、こういう時楽ですね。

何故寒い季節にクーラーをつけているのか?

不思議に思われるかもしれませんが、これが結構台湾では当たり前です。というのも、オフィスは密閉性が高く、空気がこもりがちになります。よって台湾人の感覚としては、換気又は空気循環のつもりでクーラーをつけているというのです。

理屈としては分からないでもないですが、クーラーをつけているだけで外気を取り込めているのだろうか? どれほどの効果があるのか疑問です。

 

10月の台北は寒さ対策を万全に!

台湾は日本より南に在るため、10月でもまだ暖かいのではと思われる方もいるかもしれません。

いいえ、そんなことはないのです! 台北は特に北に位置する関係もあって、寒さ加減は関東圏と同等だとお考えください。関東が寒ければ、台北もほぼ同じ寒さと考えてもらって大丈夫です。

おまけに、秋は台風、冬は雨が多いのが台北。雨が降ると、湿度が高いせいで体感温度がグッと下がります。体の芯から冷える寒さに襲われるので、厚手の上着やヒートテックなどを持ってくることをおすすめします。

 

寒さが本格的になる前に、ぜひ台北へ遊びに来てくださいね。

 

 

ブログ、にしたい。

遥か遥か大昔に流行った「ホームページ」という概念と「ブログ」とでは、天と地ほどの差があるのだなあとここ最近やっと気づいた。そして、私がブログでやってきたことはあくまでも「ホームページ」の延長でしかなく、つまり、自分の内面をぐちゃぐちゃとさらけ出して自分の言葉に酔うというアレですよ。そういう使い方を自分が望んでいたというのもあるけれど、最近はちょっと考え方が変わりつつあって、スマホでいつでもどこでも思った時にすっとできる別の場所も確保できたので、ブログはブログでもう少し『発信』というのに重きを置いた書き方をしたいなと思い始めた。

 

ちょうど職場の同僚もブログをやっていて、初めてから半年余りにもかかわらず、毎日のpv数?が1000を超えているのだそうだ。すごいなー。それから、最近たまたま検索で見つけた台湾に住んでいる日本人女性のブログ。二人のブログに共通しているのは以下の点。

  • ですます調
  • 見出しがあり、いくつかの小見出しに内容を詳しく書いている
  • カテゴリが分かれている
  • 基本的に情報提供の形を取っている
  • 写真が多い
  • 基本一文改行
  • 更新頻度が頻繁

これは巷にあふれる所謂「読まれるブログ」の最低限の条件だと感じています。今まで読まれることを前提に書いてこなかったワタクシには、とても高いハードルに思えます。これを書いている今現在でも、すらすらっとは書けないものね。

 

一番の難関は、情報提供の形をとる、という点。人に何かを伝える形式で文章を書くという訓練を今までしてこなかったので、本当に何をどう書いていいか分かりません。上で紹介した二人のブログの内容を見ると、本当に日々の生活の中のことをうまく紹介しているなという印象を受けるので、私も似たように毎日の事柄からうまくネタを絞り出せればいいのだと思うのですが、いかんせん全く思いつかない……。あれ、私の毎日ってそんなにつまらなくてありふれていたのかしら。なんか哀しくなってきた。

 

そう思うのも悔しいので、何とか自分らしく情報提供的な文章を綴っていけたらと思います。

まずは色々真似からね!

大見出し

中見出し

小見出し

標準

 

 

【そう言うのか!中国語001】「忘記了是多久以前的事了」(どれくらい前のことか忘れた)

今日から一日一文、台湾生活の中で耳にした『これぞ!』という中国語を紹介していきたいと思います。

今日はこれ。

「忘記了是多久以前的事了」

「どれくらい前のことか忘れた」

 

どんな流れで使った?

今日太極拳のレッスンのとき、メンバーが夏休みでバリ島に行ったという話をしてたんですよね。

で、先生がバリ島で確か大きな自然災害があったよなーって言って、それを聞いた別の同僚が「ありましたね確かに。でもどれくらい前だったか忘れちゃった」という文脈でした。

 

ポイント

「どのくらい~」という時に、中国語では「(有)多+【形容詞】」という言い方をします。

  • 「(有)多大」どのくらい大きい
  • 「(有)多遠」どのくらい遠い
  • 「(有)多甜」どのくらい甘い

で、中国語の「久」は、『時間が長い』という意味の形容詞で、「多久」とすると、時間の長さを聞くことができます。

  • かれこれもう1時間以上歩いている……「還有多久啊!」(後どれくらいかかるの!)
  • 睡眠時間は?……「你平常睡多久?」(いつもどれくらい寝てる?)

これに過去を表す「以前」がくっつくと、今から過去にさかのぼってどのくらいの時間の長さ?と聞けるわけですね。

  • 「我可以申報多久以前的哩數?」(どれくらい前のマイルまで受け付けてもらえますか?)
  • 「他必須多久以前預告雇主他要辭職?」(どれくらい前に雇い主に辞めることを予告しなければなりませんか?)