四阿の静謐 -castitatis lilium-

台湾の台北在住。台湾企業に勤める会社員。日々の記録。

恥かきの日

翻訳は結局半分までやって相方に投げたらネイティヴ100%の美しい中国語になって戻って来たので、残り半分は訳し終えないまま相方にあげた。その方が、効率的にも品質的にも良い。良い…と理性では分かっているものの、相手はネイティヴだから完璧なものが出てきて当たり前だと理解してはいるものの、やっぱり…悔しいし恥ずかしいわ。一文たりとも正確に訳せてなかった。あーわたし通算何年中国語やってるんだっけ⁉︎考えたくもないほどの低品質。意味が通じればいい、今はもうそういうレベルじゃないのだ。でも実際はそこにすら到達していないというお寒い現実に打ちひしがれ…るのは日常茶飯事です!