四阿の静謐 -castitatis lilium-

台湾の台北在住。台湾企業に勤める会社員。日々の記録。

帰宅前は廃物、帰宅後は充実。

本日も朝から要らない資料の整理や廃棄などで午前中をつぶす。いや、これほどまでに仕事が来ないのはちょっと珍しいかもしれない。もしかして、干されてる……?とは考えたくないけど、そう思わざるを得ないくらい全然仕事が入ってこない。事務仕事なのでとりあえずパソコンに向かっていればなんとなく仕事しているようには見えるんだけど、それだけだと襲い来る眠気に勝てないんだよなあ。というわけでこうしてせっせとブログ文章を書くわけです。考えながら何か文書を打っていればそれほど眠くもならないし。こんな風に毎日過ごしてて本当にいいのかとかなり不安なのだけど、昨日卓球の同僚に言ったら「別にいいんじゃない」といたってあっさり答えられ、そんなもんなのかなあーでもやっぱり将来的に自分にツケが回ってくるんじゃないかと胸中穏やかでなく。

あっ!今やっと仕事のファイルがちょっと回ってきた。これで午後少しは仕事して過ごせる~良かったあ。昨日の夜2時までミスチルを聞いて夜更かししたのが効いていて、現在坐ってると2分ごとに意識が遠のく状態なので、とにかく手を動かす仕事をしたい!

午後は少しうとろうとろしながら仕事をこなして、仕事終わりまであともう少し。肩が張って痛い……事務仕事には肩こりがつきもの。マッサージに行ってほぐしてもらいたいなあ。マッサージに行こうと思えば行けるんだけど、また生来のめんどくさがりがそれを阻むのだよね。行かなくてもどうにかやり過ごせることはたいていそのままにしておく、というのが基本スタンスなので、本当に痛くて仕事になりません!というレベルにならない限りこのままでしょう。


久し振りにチョンダヨンをやったらまあまあついていけた。たまにやるから続くのであって、毎日定期的にやろうとすると辛くて続かない。いかにランダムにやってるように見せかけて自分を騙すかがカギ。そうでなくても彼女の体操は繰り返しが多いので、慣れてくると後どのくらい踊らなきゃいけないかが最初から分かってしまい、あーあとこんなにあるのかーと思うとしんどくて止めたくなる。それを如何に防ぐかが長く続けるコツなのだ。


最近『ルーズヴェルト・ゲーム』が熱い。キャストがほぼ半沢直樹と丸かぶりなのもいい。何より沖原役の工藤くんの目がすごくいい!目力半端ねぇー!不器用な負けん気とひたむきな一生懸命さがビンビン伝わってきて、いかにも球児っていう感じがする。周りの野球部の皆も情に厚くてカッコイイし。オトコの友情はやっぱ何物にも代え難いな。試合のシーンは思わず声出して応援してしまったよ。

そして唐沢さんがやっぱり渋い!でもそれに輪をかけてカッコイイのが江口さん!この人はこういう抑えたインテリ系やらせるとめちゃくちゃ映える!絶対ワイルドよりインテリ!メガネ萌えっ!No.2萌えっ!ああいう人に口説かれるのがわたしの叶わない夢です……(´Д` ) そして密かに愛してるのが青島会長こと山崎さん!この人は本当に好きだー。昔々に『世紀末の詩』というドラマで教授役をやった時からずーっと静かにファン。人生の深みを感じるお顔立ちと、何にも動じずに逆転という希望を信じている言動。これぞオトコ。