読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四阿の静謐 -castitatis lilium-

台湾の台北在住。台湾企業に勤める会社員。日々の記録。

結局地道にやるしかない。

部屋でシューズも履かずにランニングもどきを続けていたら、両足首を痛めてしまった。特に右足首が痛くて、階段の昇り降りだけでなく、普通の歩行でもミシミシ痛む。昨日の夜、中国語の先生のお母さんに民間療法の先生のところへ連れて行ってもらい、骨をグリグリやられて断末魔の叫びを上げた。湿布を貼ってもらって少しは良くなったけど、まだ痛みは残っている。有酸素運動しないと皮下脂肪が落ちないのに、何だかついてないなあ。


もう師走も14日。一年過ぎるのはほんまにあっという間やねえ。

愛読している北里医科大学の先生のブログは、1ヶ月ごとに「◯月はこんな月でした」っていうまとめをしていて、これなら自分がこの一ヶ月何をしたか、そしてそれを通読すれば、この一年自分が何をしたか、明確に記録するとともにきちんと振り返ることができて、良い方法だなと思いながら真似できていない。来年からはできるといいな。この『次からできるといいな』的な発言を、人生で限りなく繰り返している気がする。要は、思っているだけで全く実行に移せてないってことなのか。うーんダメじゃん。有言実行人間になりたい切実に。


今、相方の実家の近くにあるスタバでソイラテを飲みながらまったりしているところ。相方は新しく建築中の家の現場に行って、今日はシステムキッチン搬入の手伝いだそうだ。このスタバは台湾でも大型の部類に入ると思われるくらい広くて、特に二階の席数がとても多い。席の間もゆったりと幅が取ってあって、しかもお客さんががっつり押しかけて激混みになるわけではないので、とてものんびりできる、わたしのお気に入りの場所。一面窓の脇のソファー席に陣取って、行き交う車の流れを眺めながら、ネットしたり雑誌読んだり、こうしてブログ書いたり。本当はもっと散歩などすべきなんだろうけど、今日はなんだかすんなりスタバに行き着いてしまったので、流れでここにいる。計画では一時間くらい散歩してから来る予定だったんだけど。だっていつもはスタバまで結構迷うんだよー。無意識のうちにもう道を覚えてしまったのかしら。


先ほど工事現場の相方から電話で、戻りは午後三時くらいになるとのこと。さて、こうしてダラダラしてるのも飽きたし、散歩の続きにでも行きましょうかね。