四阿の静謐 -castitatis lilium-

台湾の台北在住。台湾企業に勤める会社員。日々の記録。

安息日の始まり。

台湾は今日から滅多にない四連休。おまけにお天気も絶好調で、早速春をすっ飛ばして初夏の陽気がやってきた。幾分眩しすぎる太陽も、今までの冬に逆戻りしたかのような冷たい雨の日々に比べれば、膝をついて祈りたくなるほどありがたい陽気。太陽のない世界では本当に暮らしていけないと思う。北欧に並々ならぬ憧れを持つワタクシですが、日照時間の少なさにはやはり二の足を踏んでしまう。雨さえ降らなければ大丈夫かもしれないけれど。雪の日はそんなにメンタルやられないから。

 

ここ一週間?二週間?ほど、年度末というのもあって仕事が際限なくどしゃどしゃ下りてきて、時間に追いまくられる毎日。日々鬱積していくストレスをHey! Say! JUMPの曲でどうにか乗り切ってきた。

『ウィークエンダー/明日へのYELL』両A面シングルは神作品。タイトル曲2曲もものすごく元気が出るポップナンバーで、『ウィークエンダー』なんか一時期朝から晩までずーーっと聴いてたくらい。明るくてオシャレで、有岡くんのラップがとってもクール!カップリングも負けずに魅力的な粒揃いで、特に『スーツデイズ』が可愛すぎてキュンキュンでござります。メロディーもさることながら歌詞がもうね。片思い男子の曲って何であんなに萌えるんだろう。もー大好き!このシングルでいっぺんにHey! Say! JUMPファンになった。メンバーも全て覚えたし(初めて山田涼介くん以外のメンバーの顔と名前を知ったよ)。『ウィークエンダー』以前のシングルも聴いたけど、いかにもジャニーズって感じのアイドルソングでわたしの好みではなかった。それなのにこのシングルは本当にどストライクで、これぞ王道ジャパニーズポップ!という感じ。聴き飽きないな〜。

 

相方はあれ以降何にも言ってこない。このままタイムリミットまで何もせずにいるつもりなんだろう。そして一応は悲しそうな素振りを見せてわたしと別れるつもりなのだろう。内心やっと終わったと胸を撫で下ろしながら。

此の期に及んで自分から何のアクションも返さない相方に、手酷く裏切られたような気持ちにさせられているわたしはとても身勝手だ。それが相手のやり方だと、自分が選んだ相手がそういう人間だと認めさせられるのが嫌で、自分の見る目のなさを、運のなさを直視するのが我慢できなくて、そうしていつまでも来もしない相手からのリアクションを待っている。お前は負けたのに、この賭けに。

 

外はますますいい天気。そろそろカフェから出て、散歩の続きをしよう。