四阿の静謐 -castitatis lilium-

台湾の台北在住。台湾企業に勤める会社員。日々の記録。

ブログ、にしたい。

遥か遥か大昔に流行った「ホームページ」という概念と「ブログ」とでは、天と地ほどの差があるのだなあとここ最近やっと気づいた。そして、私がブログでやってきたことはあくまでも「ホームページ」の延長でしかなく、つまり、自分の内面をぐちゃぐちゃとさらけ出して自分の言葉に酔うというアレですよ。そういう使い方を自分が望んでいたというのもあるけれど、最近はちょっと考え方が変わりつつあって、スマホでいつでもどこでも思った時にすっとできる別の場所も確保できたので、ブログはブログでもう少し『発信』というのに重きを置いた書き方をしたいなと思い始めた。

 

ちょうど職場の同僚もブログをやっていて、初めてから半年余りにもかかわらず、毎日のpv数?が1000を超えているのだそうだ。すごいなー。それから、最近たまたま検索で見つけた台湾に住んでいる日本人女性のブログ。二人のブログに共通しているのは以下の点。

  • ですます調
  • 見出しがあり、いくつかの小見出しに内容を詳しく書いている
  • カテゴリが分かれている
  • 基本的に情報提供の形を取っている
  • 写真が多い
  • 基本一文改行
  • 更新頻度が頻繁

これは巷にあふれる所謂「読まれるブログ」の最低限の条件だと感じています。今まで読まれることを前提に書いてこなかったワタクシには、とても高いハードルに思えます。これを書いている今現在でも、すらすらっとは書けないものね。

 

一番の難関は、情報提供の形をとる、という点。人に何かを伝える形式で文章を書くという訓練を今までしてこなかったので、本当に何をどう書いていいか分かりません。上で紹介した二人のブログの内容を見ると、本当に日々の生活の中のことをうまく紹介しているなという印象を受けるので、私も似たように毎日の事柄からうまくネタを絞り出せればいいのだと思うのですが、いかんせん全く思いつかない……。あれ、私の毎日ってそんなにつまらなくてありふれていたのかしら。なんか哀しくなってきた。

 

そう思うのも悔しいので、何とか自分らしく情報提供的な文章を綴っていけたらと思います。

まずは色々真似からね!

大見出し

中見出し

小見出し

標準