四阿の静謐 -castitatis lilium-

台湾の台北在住。台湾企業に勤める会社員。日々の記録。

【そう言うのか!中国語004】「貪小便宜」(せこくちょっとでも得をしようとする)

今日はこれ。

「貪小便宜」せこくちょっとでも得をしようとする

 

どこで見た?聞いた?どんな流れで使ってた?

どうせお金を払うなら、どうにかしてちょっとでも得したい。これ、よくある人間心理ですよね。

「貪」は貪欲、よくばりなことを表し、「小便宜」は字のごとく、小さなお得を表します。がめつい行為を表す言葉と言えます。

 

使い方の例

台湾の結婚式では、料理が大量に出るためその場で食べきれないことがよくあります。すると、余った料理を「打包」(持ち帰り)するのですが、たまに料理が運ばれてきてすぐ「誰も食べないわね?じゃ、私持ち帰るわね!」と速攻で持ち帰り宣言するおばさんがいます。
こうなると、「私も持ち帰りたい」「いや食べたかったんだけど」とは言いにくいものです。結果、おばさんだけが『余り物を持ち帰れる』というちゃっちい得をしたことになります。これは「貪小便宜」の典型例です。

また、ホテルに泊まった際、使わなかったアメニティをやたらと持ち帰る人いませんか?せっかくただなんだから、もらえるものはもらっとけ精神ですね。これもいわゆる「貪小便宜」に当たります。

この動画には、前回取り上げた「佔便宜」と一緒に「貪小便宜」がタイトルに使われています。二つの言葉の違いを理解するのにちょうどいい内容だと思います。

『美女買衣服貪小便宜,被陌生男子佔便宜』
(美女がせこく得をしようとしたら、知らない男にうまい汁を吸わせてしまった)


美女買衣服貪小便宜 被陌生男子佔便宜!

少しでも安く買いたい美女は、店員(に見える)男に割引するからとそそのかされ、言われるがままに電話番号を教え、ほっぺにキスまでします。しかし、実は男は店員でもなんでもなかったのです!美女、キス損……

 #台湾 #中国語 #貪小便宜