四阿の静謐 -castitatis lilium-

台湾の台北在住。台湾企業に勤める会社員。日々の記録。

キレなかった自分を、褒めてあげたいのだ。

インターネットの接続を自分で直した。

気づいたらまた家のインターネットが繋がらなくなっていた。
でもそこで私は何となく知っている知識でパソコンのある箇所をクリックし、どうやらDNSサーバーが無反応であることが問題なのだと突き止めた。そこからGoogle先生にキーワードで質問し、問題解決のための適切なウェブサイトを探しだした。どういう意味で適切かというと、画面のキャプチャが一つ一つの手順に貼ってあること。お陰でものの数分でネットは復活した。

昼休みに毎日読んでいるプレシデント・オンラインで、南キャンの山ちゃんと何処かの大学准教授の対談を読んだことがあるのだけど、そこで山ちゃんがとても良いことを言っていた。
「ダメな自分」を変えようとするんじゃなく、そういう自分がいることを認めた上で、「ダメじゃない自分」になろうとする努力をかっこいいと思うようにすることが大切だと。そういう努力ができる自分を好きになれと。
嗚呼、そういう枠組みなら、私も自分のこと好きになれるかも、って思えたのだった。

今日のインターネット接続回復の件では、いつもならキレにキレまくって罵詈雑言の嵐となっていたところを、問題解決という一番大切な目的を見失わずに、きちんと冷静に対処できた。自分を褒めたいと思う。そういう自分は、好きに値する。

 

翻訳の仕事が来た。

以前テストを受けて合格した翻訳会社から、初めて案件の依頼を受けた。日にちにも少し余裕があるし(土日を挟んでいる)、二つ返事で引き受けた。何事も最初が肝心だ。継続的に案件を受注できたら、会社を辞めることも少しは現実的に考えられる。

今はただ、どこに行ってもできる仕事をたくさんしたい。そうしたら、ノルウェーに行くことだって夢じゃない。